top of page

こどもの事故-肘内障



こんにちは🌞 夜泣き看護師@さちです。 『肘内障』について解説します。 🦴肘内障とは肘が亜脱臼する状態で、俗に言う『肘が抜けた』状態です。 子供の身体の発達が未熟で、外れやすい状況にあります。 ・こどもの手を強く引っ張った時(50%の割合) ・転んで手をついた時 ・腕をひねった時 ・肘を打った時 ・お昼寝の寝返り に起こります。 歩き始めから5歳までの子に起こりやすく、 特に1-3歳に多いです。 🤳症状 腕ををだらんと伸ばし動かせなくなる。 痛くて泣く子もいれば、痛みが少なく動かない事が不思議で悲しげな表情をしている子もいる。 治療 医師の徒手整復により、すぐに戻ります。 整復後は元の生活に戻っても構いません。 1度なってしまった子は5-6歳までは再びなりやすいので注意が必要です! 我が家はまだ肘内障は経験なしです。 でも、周りの方々で経験者はいます。 とても身近なトラブルですよね。 肘内障になり、病院に行く 防げるならなるべく行きたくないです。 でも、子供同士で遊んでいたら防ぎきれません! 親の気持ちとしては、ケガはやめてくれと思いますが、起こってしまった時は迅速で適切な対応をして、少しでも早く解決しましょう。


#赤ちゃん寝ない

#夜泣き

#寝かしつけ


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Opmerkingen


bottom of page