top of page

食物アレルギーの対応方法


こんにちは🌞


次男が託児所の給食後30分で全身に蕁麻疹と顔の腫れで、受診したことがあります。

蕁麻疹発症時は12時。。。

ちょうど診療時間外で、呼吸状態は落ち着いていたので、午後の診療までは自宅待機する事にしました。

痒くて痒くてのたうちまわる次男、掻いているうちにどんどん腫れ上がる顔

見てられなくて、家にあるステロイド軟膏(ロコイド)とヒルドイドを全身に塗りまくりました。

本当は湿疹が出ている状態を医師に見せるべきなのかもしれませんが、可愛そうで無理でした。

すると、徐々に痒みが落ち着き、お昼寝ができました😇

受診して、抗アレルギー剤の内服とステロイド軟膏をもらって、今はほとんど発疹はなくなりました😌

これからは内服薬と軟膏を携帯して歩かないといけないですね😗


では、#食物アレルギー の受診基準をご説明します🏥


🍔食物アレルギーの症状は

2時間以内に蕁麻疹がでる(30分以内が多い)

重症化すると、顔が腫れたり、咳、嘔吐、ゼイゼイ、ぐったりする事があります。


🚑こんな時は救急車!!!

・咳や呼吸が苦しそう

・ぐったりしている


🚗すぐに自家用車で受診

・冷やしても痒みが強く、とても家では我慢できない

・急激に全身に広がる蕁麻疹


🚶‍♀️診療時間内に受診

・発疹が一部分で痒みが弱い

(冷やすと痒みが弱くなる)

・症状が続く


♨️蕁麻疹は冷やすと痒みが軽減します。蕁麻疹が出た日は入浴しない事をオススメします。お風呂で温まり血流が増すと引いた蕁麻疹が再発する事があります。


💊日頃の保湿ケアが食物アレルギーを防ぐという報告があります。

湿疹などの傷口から食物が入り、アレルギーが起こるという事もあります。

石鹸の泡で洗う→綺麗に流す→15分以内に保湿

保湿して皮膚のバリア機能を高める事で、湿疹を予防し、アレルギーも予防しましょう。


長くなってしまいました🌷

ありがとうございました😊


#寝かしつけ

#夜泣き

#赤ちゃん寝ない

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page